化粧水は必要か?それともいらない?誰でも悩むこの問題に終止符を打つ!

化粧水は必要か?いらないか。誰でも悩むこの問題に終止符を打つ!

毎日化粧水を欠かさず使用しているのに、なぜか乾燥してしまう…。

あなたはこんな状態に陥っていませんか?
しっかりとスキンケアしているのに、逆に乾燥してしまうのであれば、「実は化粧水なんていらないんじゃないか」と思うでしょう。

注意

結論から言えば、「ただの化粧水」であれば使わないほうがマシ。

というより、使わないでください。

 

ですが、しっかりとした化粧水であれば、「化粧水は必要」と言い切ることができます。

 

  • 化粧水は必要派
  • 化粧水はいらない派

どちらのタイプもいると思いますが、ここではただの化粧水はいらない理由や、しっかりとした化粧水は絶対に必要な理由を解説します。

 

化粧水は必ず必要

hituyou 化粧水は必要か?それともいらない?誰でも悩むこの問題に終止符を打つ!

化粧水については様々な意見があると思いますが、結論から言えば化粧水は必要。

化粧水を使用すれば、乾燥しがちな肌に水分を蓄えることができるからです。

ですが、化粧水はいらないという否定派ももちろん存在します。

 

なぜ「化粧水はいらない派」が存在する?

いらない派の意見
  • 敏感肌だから、化粧水を使用すると痛い
  • 何かのテレビでやっていたのですが、化粧水は肌の奥まで浸透しないということを知ったから
  • 面倒くさい
  • 付けたときは潤うけどその後カピカピになるから
  • お風呂上りにつけると逆にツッパる
  • 化粧水を付けたときの方が逆に乾燥する

いらない派には様々な意見がありますが、ここで重要なのは「化粧水をつけると逆に乾燥する」という意見。

hituyou 化粧水は必要か?それともいらない?誰でも悩むこの問題に終止符を打つ!

化粧水で逆に乾燥してしまったことは、多くの人が経験したことがあると思います。
逆に乾燥するという経験から、「あれ?化粧水いらないんじゃないか。」と思い始めた人も多いはず。

正解

化粧水を使用すると逆に乾燥してしまうこともあるんです。

 

その理由は簡単で、多くの化粧水に関しては、重要な保湿成分が含まれていないただの水だからです。
ただの水を顔に塗ることは、逆に乾燥を招く原因。

hituyou 化粧水は必要か?それともいらない?誰でも悩むこの問題に終止符を打つ!

逆に乾燥してしまう理由

ただの水は重要な保湿成分が含まれていないため、すぐに蒸発してしまいます。

そして蒸発する際、もともと皮膚に存在していた水分も道連れにして蒸発してしまうから逆に乾燥してしまうのです。

 

関連記事>>>化粧水を使うと逆に乾燥する理由と原因!今使ってる化粧水は「ポイ」でOK

必要ないのはただの化粧水
重要な保湿成分が含まれている化粧水であれば、必ず保湿する事ができるので絶対に必要です。

以下で必ずできる化粧水や成分について解説していきます。

 

必ず保湿できる化粧水とは?

必ず保湿できる化粧水とは、「セラミド入り化粧水」。

セラミドが入っていると、水分を肌から逃さないように密閉してくれます。

水分を密閉できる成分はセラミドしかありません

hituyou 化粧水は必要か?それともいらない?誰でも悩むこの問題に終止符を打つ!

セラミドと他の保湿成分を比較してみると、セラミドほど密閉できる能力はやはりありません。
セラミド以外の保湿成分だと、どうしても水分を蓄えている部分に少し隙間が開いてしまうので、その部分から蒸発してしまうのです。

重要
セラミドより保湿力の強い成分は無い

ですから「セラミド配合の化粧水は必要である」と結論づけることができます。
逆に、セラミドが配合されていない化粧水は必要ないということですね。

保湿は乳液やクリームだけではダメなの?

hituyou 化粧水は必要か?それともいらない?誰でも悩むこの問題に終止符を打つ!

化粧水は必要ない派の意見として乳液やクリームだけで保湿できるからという意見がよく見られます。

結論から言えば、乳液だけで保湿はできるかもしれませんが、その他の悪影響が生まれることがあるので乳液だけの保湿はあまりおすすめできません。

乳液やクリームだけに頼ると起きる悪影響

テカリの原因

乳液やクリームだけに、保湿を頼ってしまうと、どうしても厚塗りしがちになってしまいます。
そうすると、余計な油分を肌に与えてしまいテカりや過剰油分の原因に。
さらに余計な油分は、ニキビや肌荒れの原因につながるので危険です。

逆に、保湿できる化粧水がどれだけ塗っても、悪影響が出ることがないので化粧水は安全といえます。

基本的に30代までは、皮脂の分泌が正常なので乳液やクリームを使用する必要はありません。
化粧水だけでOK 。

注意
保湿できる化粧水を塗った後に、クリームや乳液を蓋として使用するのはかなり効果的が、乳液やクリームに頼るのは皮脂の分泌量が少なくなる40代以降にしましょう。

 

肌への摩擦

化粧水だけではなくクリームや乳液を塗るということは、それだけ工程が多くなるということにもなります。

それは摩擦を与える回数が増えることになり、肌のダメージもより大きくなってしまうのです。

だからセラミド入り化粧水の一工程のみでの保湿ということが重要。

 

「化粧水は必要派」の意見も実はグダグダ

逆に化粧水は絶対に必要と言っている方たちも、実はセラミドが最高の保湿力という理由に気づいてはいません。

  • お風呂上りは化粧水
  • 乾燥したとりあえず化粧水
  • お母さんが使っていたから化粧水

などなど、化粧水は絶対に必要派の方たちは、ただの水に近い化粧水を何となく塗っているだけなのです。

何度も言いますが、化粧水は必要ですが、セラミド入りの化粧水しか必要ないという事を覚えておいてくださいね。

 

必要と思える化粧水に出会うために必要なこと

まずセラミド配合の化粧水を探しましょう。
保湿成分はヒアルロン酸でもコラーゲンでもダメ。

選ぶ基準はセラミドだけです。

hituyou 化粧水は必要か?それともいらない?誰でも悩むこの問題に終止符を打つ!

逆に言えば、セラミド配合の化粧水なら基本的に保湿する事ができます。

ですが、さらに効率よく保湿するために重要なことがあります。

それはセラミドの「型」も選ぶこと。

重要
人間の皮膚を効率よく保湿するにはヒト型セラミドが重要です。

ヒト型セラミドというのは、その名の通りヒトの型のセラミド。

ですから人間の細胞にピタリとはまりこむことができます。
それにより、隙間がなくなり、蓄えた水分が蒸発しなくなります。

hituyou 化粧水は必要か?それともいらない?誰でも悩むこの問題に終止符を打つ!

セラミド入り化粧水を選ぶ際はこの事を覚えておきましょう!

セラミド化粧品選び方
  • とにかくセラミド入りの化粧水を
  • セラミドは「ヒト型セラミド」

これさえ覚えておけば、絶対に必要だと思える化粧水に必ず出会うことができます。

今までどの化粧水を使用しても、逆に乾燥してしまっていた方は、上記の事をポイントに化粧水を再度選んでみてくださいね。

次のページでは、肌の水分量を増やすことができる化粧水を紹介しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA