正しい化粧水の付け方はコットンの必要なし!良いつけ方ダメなつけ方まとめ

化粧水の正しいつけ方ダメなつけ方!それ、乾燥肌やニキビ悪化の原因です

肌に気を使っている方であれば、毎日化粧水を使用しているかと思います。

ですが、それは正しい化粧水の付け方でしょうか?

もしかして間違っている化粧水の付け方をしているのであれば、それは全く意味がないどころか、肌にダメージを加えてしまう原因にもなります。

そしてその結果、乾燥肌が悪化してしまったり、ニキビの悪化につながります。

 

ここでは化粧水の正しい付け方や、ダメな付け方一覧を紹介していますので、最後までお読みください。

 

化粧水の使用量について

poi1 正しい化粧水の付け方はコットンの必要なし!良いつけ方ダメなつけ方まとめ

バシャバシャと化粧水をたくさん付けても、基本的に効果は同じ。

化粧水の使用量は、あなたが使用している化粧水の裏に記載してある量が適量。
化粧水をたくさん付けてもが意味ない理由は、化粧水の余分な量は蒸発してしまうからです。

注意
たくさんつけると気持ちが良くて、効果がよく出そうな気がしますが、無駄に化粧水を消費しているだけなので、やめましょう。

 

化粧水のダメな付け方一覧

ここでは、みんながやってしまいがちな化粧水のダメな付け方を紹介します。

あなたも、以下の化粧水の付け方をしてしまっていませんか?

使用量が少なすぎる

poi1 正しい化粧水の付け方はコットンの必要なし!良いつけ方ダメなつけ方まとめ

さきほどは多すぎる化粧水は蒸発してしまい、意味がないと言いましたが、化粧水は少なすぎても全く効果がありません。

特に、高めの化粧水を使用している方に多いのですが、もったいないからと言って、少しだけ使用して、長くその化粧水を使い続けようとします。

ケチって少しだけしか使わないと、それは全く意味がありませんので、結果的に高い化粧水を使用しても、無駄になってしまうのです。

良い化粧水を適量を使用する事が非常に大事で、それをする事で最大限の保湿力を引き出すことができます。

そこまでケチるのであれば、いっその事、安い化粧水を、たくさん使った方がまだ効果があるでしょう。

MEMO
ただし、長時間保湿できる成分はセラミドだけですので、どの化粧水もセラミド入りの化粧水に限ります。

 

顔を手で叩く

poi1 正しい化粧水の付け方はコットンの必要なし!良いつけ方ダメなつけ方まとめ

化粧水を付けた後、顔をパチパチと叩いていませんか?

顔をパチパチすると、化粧水がよく浸透しそうですが、実はこれはやってはいけない行為。

その理由は、叩く刺激が肌にダメージを与えてしまい、赤ら顔の原因を作ってしまうからです。
そしてそのダメージは、ニキビの症状悪化の原因にも。

それだけではなく、叩いた刺激により、メラニン色素を生成してしまいシミソバカスの原因にもなります。

注意
刺激や摩擦は、無駄なメラニン色素発生の原因なので注意。

 

化粧水の重ねづけ

少し前にも化粧水を塗ったのにもかかわらず、何だか乾いてしまっている気がして重ねづけをしてしまいませんか?

本当に乾いているのであれば、重ねづけは効果がありますが、何度も何度も化粧水を乗ったところで、より深く角層に浸透するわけではないので注意してください。

それに、それは化粧水の無駄遣いにもつながります。

注意
商品裏に記載してある適量を守ることが大事。

 

化粧水はコットン?手で塗る?

本当にコットンは必要か。

poi1 正しい化粧水の付け方はコットンの必要なし!良いつけ方ダメなつけ方まとめ

ちまたでは、化粧水を塗る際はコットンを使用すると、小じわや、目のくぼみまでしっかりと塗り込むことができると言われています。

ですがよく考えてみてください。

乳液など固い液体ならまだしも、化粧水は肌全体に馴染みやすいサラサラの液体。
手で塗っても、全体の隅々まで行き渡るようにできています。

ですので、わざわざコットンを使用する必要はありません

それどころか、コットンを使用する事はデメリットしかないのです。

 

コットン使用のデメリット

ちまたに流れる噂を信じて、化粧水を均一に塗りたいからといって、コットンを使用していると、肌にダメージを与えてしまいます。

そのダメージにより、皮膚の層がスカスカになってしまい保水できなくなったり、皮脂の過剰分泌を招くことがあるので注意。
さらに、コットンの刺激によりメラニン色素が生成され、色素沈着によるシミやソバカスの原因にもなってしまいます。

poi1 正しい化粧水の付け方はコットンの必要なし!良いつけ方ダメなつけ方まとめ

コットン使用時は、コットンにたっぷり化粧水を染み込ませないと、しっかりと肌に塗ることができません。
このときに、手と同じ量しかコットンになじませないと、しっかりと化粧水が肌になじまないだけではなく、コットンに化粧水が染み込んでいない部分の摩擦が強いため、肌を傷つける原因にもなります。

ポイント

化粧水を使用する一番の目的は保湿

保湿をするために、丁寧にコットンを使用して保湿に失敗しているなんて、本末転倒です。

 

さらに、コットンをわざわざ用意するのも面倒くさいですしね。

化粧水をつけるときはコットンを使用しなければならない。

面倒くさがり屋の方は、毎回コットンを用意する事が心理的な障壁になってしまい、ついつい化粧水を塗るのをさぼってしまいがち。

毎日継続して化粧水をつけるには、手の方が肌に優しく、そして効率的なのです。

結論

化粧水は絶対に手で塗るべき!

当然ですが、手で化粧水を塗る際は、雑菌などをよく落とし清潔な手で化粧水を塗るようにしましょう。

化粧水を正しくつける手順

  1. 保湿力が一番高いセラミド入りの化粧水を購入
  2. 付属の説明書があればまずそれを読む
  3. 化粧水に記載されている使用量を守る
  4. 手のひらに化粧水を適量を乗せる
  5. コットンは使用しなくてよい
  6. 蒸発する前に顔全体に素早くなじませる
  7. 顔の真ん中から外側へ向かって軽く押さえる
  8. このときに肌をパシパシ叩かない
  9. 摩擦が変わらないようにやさしく
  10. 化粧水をケチるの禁止

化粧水を正しく塗る方法をまとめると、このようになります。
あなたは間違った化粧水の付け方をしていませんでしたか?

間違った付け方をしているのであれば、今すぐやめてください。
乾燥肌やニキビ肌のために化粧水を使用しているのに、逆効果になってしまっては本末転倒ですから。

それは化粧水の効果を最大限に引き出すことができないだけではなく、肌にダメージを与えてしまいます。

 

正しい付け方だけではなく正しい化粧水を使用していますか?

もう1つ大事なポイントがあります。

どれだけ正しい化粧水の付け方ができていたとしても、あなたが使用している化粧水にセラミドが含まれていなければ、その化粧水は全く意味がありません

poi1 正しい化粧水の付け方はコットンの必要なし!良いつけ方ダメなつけ方まとめ

コラーゲンやヒアルロン酸も保湿力はありますが、成分の構造的に隙間がどうしてもできてしまいます。

重要
セラミドは、肌にバリアを張るように、しっかりと肌を密閉する事ができ、長時間保水する事ができるのです。

肌の水分を密閉できるのはセラミドだけ

次のページでは、肌にしっかり馴染むセラミド化粧水や、セラミドを自力で生み出す化粧水などを紹介しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA